• HOME
  • magazine
  • cafe
  • 渋谷の隠れ家スポット西原・幡ヶ谷 PADDLERS COFFEE(パドラーズコーヒー)

渋谷の隠れ家スポット西原・幡ヶ谷 PADDLERS COFFEE(パドラーズコーヒー)

東京都渋谷区幡ヶ谷。新宿から京王線でわずか2駅のこの街は、新宿の少し雑多な感じと渋谷のフレッシュな感じを持ち合わせた独特な街である。渋谷駅や恵比寿、代官山、広尾など華やかな街が数多くある渋谷区の中では、幡ヶ谷や笹塚と並んで下町とされる街に紹介したいカフェがある。
PADDLERS COFFEE(パドラーズコーヒー)。木でできた看板のデザインがクールである。


幡ヶ谷駅から歩いて5分、西原の住宅街の方に向かい、駅からの喧騒が少し和らいできたところ。店内はログハウスのような、というかログハウスそのものと言ってもいいくらいの木材の香りがする建物。山梨かどこかの山の奥にありそうな山小屋だ。雨の日に向かったからか、湿気さえも店に溶け込んでいるような気がする。コーヒーの匂いが湿り気に乗って、店の外までふんわりと運ばれてくる。
店内は、壁掛け時計、棚、絵画など家具や家電でさえもビンテージっぽくて、サードウェーブのカフェのイメージそのもの。BGMにはレコードをかけている。大量に収納されたレコードが、レトロな雰囲気を出している。

コーヒーを淹れる男性が静かに丁寧に抽出している。
そんなバリスタの男性の手前には大きめのテーブル席、奥にはお一人様。
美しいラテアート。美しいのはラテアートのみならず、コーヒー(エスプレッソ)の色すら鮮やかな黄土色で新鮮で質の高いコーヒー豆を使用している証だ。

葉っぱ模様に描かれたラテアートも美しい。
コーヒーはミルクの泡が口当たりの柔らかさを与えている。ほろ苦さを感じた後に、それを和らげるかのように甘めに調節されたミルクがバランスの良さを醸し出している。

幡ヶ谷は商店街が賑やかではあるものの、西原という街はとても静かな街である。住宅街の中にあるので、看板など内観は決して派手ではなく住宅街に溶け込むかのように存在している。

エスプレッソマシンが存在感のあるカウンター。バリスタはラフな格好でコーヒーを抽出している。店内にはコンクリートの感が全くなく、木材が暖かみ、優しさをくれる。
ここを出ればまた都会の生活に逆戻り。幡ヶ谷駅は都会の下町の賑わいを見せている。まだここにいようかな。
代々木上原からでも頑張ればいける。

Paddlers Coffee(パドラーズコーヒー)

住所 東京都渋谷区西原2-26-5
アクセス 京王線「幡ヶ谷駅」から徒歩5分
営業時間 7:30~18:00
定休日は月曜日

【リンク】
PADDLERS COFFEEホームページ
食べログ

渋谷駅にはイタリア風のカフェがある。コーヒーハウスニシヤ

関連記事一覧