• HOME
  • magazine
  • cafe
  • 【中目黒】目黒川の流れを感じて SIDEWALK STAND(サイドウォークスタンド)

【中目黒】目黒川の流れを感じて SIDEWALK STAND(サイドウォークスタンド)

中目黒は、言わずと知れたおしゃれな街ですよね。東急東横線の渋谷駅、代官山駅から横浜方面に向かうと着く街で、東京メトロ日比谷線の終着駅として恵比寿や広尾、六本木、2020年に開業した虎ノ門ヒルズ駅にもつながります。

渋谷というトレンドの最先端を行くエリアに近いということもあり、芸能人も数多く集まる、そして住んでいる街でもあり、某芸能人が中目黒駅から品川区の不動前の方向に歩いて数分行くと「突っ立っているだけで芸能人に会える交差点」もあります。

アンジャッシュの渡部建さんもお勧めする店があるほど人気のグルメも数多く存在、食べログで高評価を獲得する和食店、洋食店が点在しています。

中目黒はカフェ密集地

中目黒といえば、イタリアンピザでいうと、「ダ・イーサ」が有名で営業時間中は店の外に列ができるほどの盛況ぶりです。ダ・イーサは旧山手通りという中目黒を縦にぶち抜いている幹線通り沿いにあるのですが、その道路を一つ入ると住宅街と美容店が、飲食店が入り混じっているエリアになります。

中目黒というのは、意外に一言で形容するのが難しい街だと言えます。その理由は、飲食店も密集しているし、それだけではなく美容店、そしてカフェも多く存在。芸能人や財界人が居を構えるエリアもあり、様々な「層」がいる街なのです。若者の街「渋谷」、外国人が覆う集まる街「六本木」などと同様に、単純に「特定の層がいる街」と言えないのが特徴。

マーケティング的には街というのは特定の層にターゲットを絞って(というか自然にそうなっていく傾向が高い)サービスしていることが多いのです。それを立証するかのように、先ほどの若者の街である渋谷、外国人が多い六本木、ビジネス街の東京駅(丸の内)や新橋、インバウンドが好調な浅草、オタク文化の秋葉原など、街というのは特定のカテゴリーに集約される傾向があります。その一方で中目黒は、渋谷のようにトレンドに敏感な人も集まれば、落ち着いた住環境を求める人もいて、複数のカテゴリーが存在する珍しい街です。

そんな色々なものが入り混じった中目黒は、カフェが密集するエリアでもあります。なぜカフェが密集したのかといえば、これは稚拙な仮説になりますが、トレンドに敏感な人と落ち着いた住環境を求める人たち、一見同じようなカテゴリーに入れられない人たちのニーズを満たすことができるものとしてカフェが存在するのではないかと。

これは自論ですが、カフェというのは、もちろん1番大事なのがコーヒーの品質ですが、カフェは「目と耳で楽しめるもの」だと思っています。

「目」で言えばinstagramで実に様々な写真がアップされています。コーヒーを前景にバックにはカフェのおしゃれな内装、コーヒーは映さずに内装だけ、外装だけ、テーブルにコーヒーを置いた状態で真上から撮影、バリスタさんがラテを作る、コーヒーマシンを撮影などなど。カフェというのは、コーヒーだけではなく、内装や外装、コーヒーマシンでさえも色々なものがカフェの魅力になっているといえます。

「耳」で言えば、店内はジャズやロック、邦楽や洋楽など様々な音楽が響いています。または、無音、ただコーヒーマシンが鳴り響いているだけなど、これは店主の趣向が大きく反映されています。

上記のように目や耳で楽しむことのできることがトレンドに敏感な、さらには落ち着いた住環境を求める人たちを満足させているのではないか、そしてカフェが集まり続ける構図になっていると考えられます。

中目黒には、実に多くのカフェがあり、今回紹介するSIDEWALK STAND(サイドウォークスタンド)以外にも、スタバやブルーボトル、STREAMER COFFEE COMPANY(ストリーマーコーヒーカンパニー)やONIBUS COFFEE(オニバスコーヒー)など人気の店が数多くあります。

中目黒といえば、目黒川

中目黒を一言で例えることが難しいのは、何度も説明してきましたが、中目黒のたった一つのランドマークはあります。

それは目黒川です。目黒川。

目黒川沿いには、桜並木が数百メートルにわたって続いており、毎年春になると桜を見にきた人と出前が出たりしてとてつもなく賑やかな光景が広がるのが恒例でした。「でした」というのが、今後コロナウイルスによって桜を見るというのが形を変える可能性があるからで、中目黒の桜を見るというのがこれから変わるかもしれないです。

目黒川沿いにあるカフェであるSIDEWALK STAND

建物がそれなりに老朽化していますね。その老朽化もなんとなく味を出していて、外見を見るという楽しみ方がカフェの魅力であるので、まさにこのカフェはぴったりです。

メニューはコーヒーはエスプレッソ、ラテ、モカ、水出しコーヒー、炭酸のゆずジュース、アップルジュース。

そして、クラフトビール。このクラフトビールってのが他のカフェにはない魅力でして、季節に合わせてラインナップするというこだわり。

また、チキンサンドやチリサルサなど。

結構店内狭いのにメニューは豊富です。

目黒川が目の前に

SIDEWALK STANDは、2階建で1階はバリスタがいて2階はテーブルや椅子があるんですが、コロナウイルスの影響で2階には上がれず、テイクアウト専門店になっています。

以前行った時は、2階は入れないくらい多くの人がいて、諦めて「目黒川のそばで飲むか」という人も結構いましたが、今はこういう時期ですからね。

テイクアウト専門になったことで、自分も目黒川をバックに写真を撮りました。

初夏ですので、中目黒の桜は真緑でした。来年の春になったら、日本人は桜をどのようにして観ているのだろうか。

関連記事一覧