横浜市の綱島の人気ラーメン、笑歩(えふ)。品川の人気店、多賀野出身の店主が作る至高の1杯

こんにちは、TaikiSuzukiです(@Taiki__Suzuki)。約3ヶ月ぶりに記事を書くわけであります。実に久しぶり。最近はコロナウイルスの影響もあり、外出できなくて記事のリソースもなく、さらにはYouTubeに集中していたので記事を書くわけでもなく、ボーッとしていました。

今回、久しぶりに記事を投稿するにあたって、選んだトピックは「ラーメン」。自分の故郷である山形県山形市は全国の県庁所在地、政令指定都市の中で最もラーメン消費量が多い場所なのです。まさにラーメンの街!そして、その地に生まれた自分が書くべきはラーメンの記事であると勝手に思っているわけです。

そして、どこのラーメンかというと、神奈川県横浜市港北区の綱島。あまり縁のない土地ではありますが、ここにおいしいラーメン屋があり、「あ、これは書かないと気が済まない」、そう思い、久しぶりにタイピングをしています。

横浜市の綱島とラーメン

横浜の綱島ってどんな街か、というと、一言で言えば家族連れの多い街ですね。東急東横線の各停と急行が停車する駅なのですが、東急東横線は渋谷駅を出て、中目黒、学芸大学、自由が丘を出て、多摩川を超えて川崎市に行けば武蔵小杉や日吉、綱島、菊名、横浜に到着するわけですが、渋谷から自由が丘は割と単身世帯が多く多摩川を越えれば家族連れが一気に多くなります。いや、正確に言えばそんなイメージですが。

日吉は慶應義塾大学があるので、学生街っぽく、個人事業の飲食店が数多くあります。綱島は日吉よりは多くはないですが、食べログで高ポイントの店もちらほらとあります。スープカレーで有名な「らっきょ&Star」は百名店2019になるほど人気ですし、今回の記事の主役の笑歩も食べログ高ポイントを獲得しており、常に3.70を超えるほどの人気っぷり。

それに加えて、綱島はなぜか喫茶店が多いです。

人気ラーメン、笑歩(エフ)

綱島は新宿や池袋のようにラーメン激戦地というわけではないですが、笑歩はとてつもなくうまくて人気です。「綱島 ラーメン」と何気なく検索した際に突出したポイントを誇っていたのが笑歩です。

荏原中延の超人気店、多賀野(たかの)出身の店主

笑歩の魅力を説明する上で、最もわかりやすいのは店主が荏原中延の人気店である多賀野で下積みを行ったということでしょう。東急池上線「江原中延」駅、徒歩1分。多賀野のラーメンの特徴は、すっきりとした醤油味。俗にいう淡麗系まではいかないまでも醤油の香りと肉の甘味がほんのり混ざったスープはスープだけでも飲み干せるほどの爽やかさ。こってりしてるわけはなく、鼻にスーッと抜けるような、それでもコクがあるスープが人気の秘訣、であると勝手に分析しています。

多賀野は11時30分から14時までという超短時間営業。その短い時間ゆえか食べるまでに超並びます。2014年くらいだろうか、1度だけ食べたことがありますが食べるまでにスマホのバッテリーを大分消費するほど並んだ記憶があります。

食べログでは人気店の証である「百名店」を2017年から2019年まで3年連続で受賞。食べログのポイントはラーメン店ではいい意味であり得ねーと呟きたくなるほどの3.9越え。あり得ねー(褒め言葉)。

シンプルな麺とスープの中にある奥深さ

そんな人気店で修行した店主が作るラーメンは絶対美味しい!

絶対美味しい!!(自信)

さて、平日の昼に行ったら、早速というかやっぱり並んでいました。でも比較的回転率は早くそれほど長い時間立ちっぱなしということはなかったのですが。

割とすんなり入店、入り口脇の食券機で特製つけそばを購入後、席へ。席数は8席。8席しかないのにスムーズに席に座れるのはありがたい。

というか、営業時間11時30分から15時までというこれまた短時間営業。

席に座ると、目に留まる「沖縄産の塩」。これは後ほど入れてみよう。

笑歩は、肉、野菜、卵、節など全て国産とのこと。安心です。とのことですが、個人的には安心もしますが日本各地の様々な産地のものを活用してくれているところが嬉しいです。山形の隣の秋田比内地鶏を使ってくれている点も嬉しいですね。

つけ汁。刻みネギ多め。さっぱり系を思わせる外見です。

麺。

つけ汁に浸して麺を食べると、やはり多賀野のような、というか多賀野を食べたのが6年も前なので正直覚えていないのですが、多賀野系の味だとすると、やっぱり爽やか。重くもくどくもない鼻にすーっと入っていく爽やかさ。

特製つけそば(¥1,120)を注文したので、メンマ、煮卵、チャーシュー、海苔を提供してくださいました。

メンマ多いなぁと感激して、チャーシューを食べてみると、これがしっかりと燻製されていてスープに浸して食べたのですが噛んだ瞬間にスープの味に負けないコクを感じました。

麺を食べ終わり、スープ割。何口か飲んでいると味変したくなるので、先ほどから気になっていた沖縄産の塩を投入して、塩味を引き出すとこれまた美味しい。あっという間に飲み干しました。

次は中華そばや数量限定のゴマのラーメンを食べたいです。

YouTubeも作成しています。

関連記事一覧